【日本スキー学会研究助成について】

日本スキー学会では、学会の活性化ならびに若手研究者の育成に寄与することを目的として、スキー関連科学の発展に貢献する調査・研究を支援する研究助成事業を実施します。

研究助成を希望する方は、手続きなどについて規程を確認の上、奮ってご応募ください。

手続き、運用に関わる概要は以下の通りです。なお、詳細は日本スキー学会研究助成規程をご確認ください。

  • 日本スキー学会研究助成制度に申請する会員は、規程に基づいて、申請書(スキー研究助成申請書、研究費使用計画→下リンクより書式をダウンロード)を期日内に事務局に提出してください。
  • 採択された研究は学会大会での発表やスキー研究への投稿が義務付けられています。
  • 助成期間終了後一ヶ月以内に別に定める助成金収支報告書(下リンクより書式をダウンロード)を提出していただきます。

※今年度の申請期限は2022年8月31日2022年9月30日(延期されました)です。

日本スキー学会研究助成規程

 

【申請書式他】

 スキー研究助成申請書(Wordファイル)

 研究費使用計画(Excelファイル)

 助成金収支報告書(Excelファイル)

 

【2021年度採択】
【対象研究課題】
第14回オリンピック冬季競技大会の立候補都市札幌における招致活動及び競技場選定と自然保護をめぐる議論 – 「恵庭岳滑降競技場建設問題」の取り扱いに着目して –
【申請者】
公益財団法人日本スポーツ協会 石塚創也